教えて!挙式するチャペル選びに信仰は関係あるの?

ホテルや結婚式場のチャペルは

チャペルウェディングを考えているのであれば、まずチャペルの種類と特徴を知っておくことが大切です。ホテルや結婚式場の施設として用意されているチャペルの場合、信仰に関わらず、誰でも利用をすることができます。こうしたチャペルは気軽に結婚式を挙げやすいことがメリットですが、あくまでホテルや結婚式場の施設のひとつで、神父や牧師がいる本物の教会ではありません。本物の神父や牧師がアルバイトとして働いていることもありますが、多くはチャペルのスタッフです。それに対して、キリスト教の教会の場合は、本物の神父や牧師が挙式を執り行います。ただ、本物の教会の場合、新郎新婦の両方がキリスト教を信仰していない場合、挙式を挙げることができない可能性があります。

カトリックとプロテスタント

キリスト教は、大きく分けるとカトリックとプロテスタントという2つの宗派に分かれます。カトリックの特徴は、司式者が神父であること、十字架にキリストがついていることです。新郎新婦のどちらかが、キリスト教を信仰していない場合、カトリックの教会では挙式を挙げることができません。再婚で挙式を挙げる場合の条件も、厳しめとなっています。それに対して、プロテスタントは信仰や宗派などに関する制限がなく、誰でも挙式を挙げることが可能です。そのため、キリスト教信者以外が本物の教会で挙式を挙げたい場合は、プロテスタントの教会を選ぶことになります。プロテスタントの教会の場合、司式者は牧師で十字架にはキリストがついていません。